エコはもちろん節約にもなる!資源ごみの分別

再生できるごみを分別して回収することでごみを減らしたり資源の利用を節約するのでエコ対策になります。

NAVIGATION

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

ごみを分別して回収するエコ対策

私たちが住む地球は、人間が開発した工業や産業によって汚染や破壊のダメージを受けているといえます。天然の資源を乱用したり、空気や水を著しく汚染して環境を破壊してしまっているのです。その結果、資源枯渇の危機や異常気象、環境汚染といったさまざまなダメージが発生し問題になっています。また、二酸化炭素の排出量が増えることで地球温暖化を引き起こしてしまい、現在ではエコに力を入れて対策を行っています。その問題の中でもごみ問題は大きいので分別して回収する対策が薦められています。

私たちはごみを捨てる時に廃棄処分するごみとリサイクル回収するごみとを分別しなければならないのです。その方法は各自治体によっても回収場所や日時の指定が異なりますので、確認が必要です。リサイクル回収するごみを資源ごみといいます。資源ごみは分別して回収の後、再生されてもう一度製品としての価値を得ます。こうすることでごみの量を減らしたり資源を節約して利用するエコ効果が期待できます。

ごみを分別する時は、分別の方法を間違えないようにして出す必要があります。たくさんの種類がありますので、紛らわしい物があったり、手間が面倒くさいと思われがちな物もあります。しかし、正しいリサイクル方法を怠ると、資源ごみの活用ができなくなりエコに貢献できないので、きちんと分別して出す必要があります。自分一人くらいは影響ないだろうと思ってポイ捨てするのももってのほか、いけないことです。