エコはもちろん節約にもなる!資源ごみの分別

ペットボトルと似ているプラスチックがありますが、分別をすることでエコになります。似ていても違う素材です。

NAVIGATION

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

プラスチックとペットボトルの分別をするのがエコになる

ジュースなどを購入するとき、中身の見える透明な容器に入っていることがあります。こちらについては、ペットボトルと呼ばれています。サイズは小さいものは100ミリリットルのものもあります氏、大きいものなら2リットルぐらいのものもあります。こちらについていえるのは、全て同じ素材で作られていることです。ペットボトルのみを集めてくれば、何らかの再生をするときに、そのたびに分ける必要がなくなります。コストがかからないのです。

ジュース以外においても、調味料などを入れる透明な容器にペットボトルのものがあります。こちらについてはPETと書かれていますから、それを目印にすると良いです。このとき、同じように見えるのですが、PETとは違う言葉が書かれていることがあります。そこの書かれているのはプラです。これはプラスチックにことになります。PETもプラスチックですが、こちらのプラに関しては、別の素材になるので、混同させてはいけません分別する必要があります。

プラと書かれている製品については、ペットボトル同様に何らかの形で再生は可能なようです。しかし、ペットボトルのように数がないので、自治体などでも普通ごみとして回収していることが多いです。普通ごみとなれば、燃やされるだけになります。資源として使われないのはもったいないです。プラスチックと一言で言っても、非常にたくさんの種類があります。ペットボトルのように統一した規格があると、よりエコな再生がしやすくなるのでしょう。

注目情報