エコはもちろん節約にもなる!資源ごみの分別

ごみを分別する過程において、リデュースにつなげていくことが出来ると、その行為がエコにつながっていきます。

NAVIGATION

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

ごみを分別するとリデュースにつながるのでエコになる

不要なものがある場合、ゴミ袋があると、そちらにどんどん入れていくことがあります。このとき、紙だけのこともあれば、紙とプラスチック、プラスチックと食べ物などの生ごみなどがあります。それがペットボトルの場合は、中身を抜いて捨てることになると思いますが、分別する必要のないもの同士の場合、のまま捨てることになります。それによって、どんどんごみが増えていくことになります。その中には、もしかしたら使えるものもあるかもしれません。

エコのための考えの一つに、リデュースがあります。元々は減らす意味になります。ではどうすれば減らすことができるかを考えてみます。使うときのことを考えてみるとよいかもしれません。自分が使わないものを買えば、将来的には捨てる可能性が高くなります。そのようなものは買わないようにするのです。100円ショップなどで衝動買いをする事がありますが、多くは使わないもののことがあります。買わなければ、捨てるものを減らす事ができます。

さらに行えることとしては、継続利用ができないかです。家電製品などにおいて、買い換えると、今まで使っているものは捨てます。電気代のことなどを考えるとその方が良いこともあります。でも修理をして使い続ければ、ごみが出ません。環境のためには良い部分もあります。また、使える部分と使えない部分を分離すれば、捨てる部分を減らせます。洋服などにおいて、破けてしまったところは捨てますが、残りの部分は端切れとして残します。

注目情報