エコはもちろん節約にもなる!資源ごみの分別

ごみにおいて、分別をするとリユースにつながることがあります。燃やされなければ、エコにつながります。

NAVIGATION

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

ごみを分別してリユースする事ができればエコになる

大型ごみが捨てられるときは、非常に多くのものが捨てられています。一つ一つが大きいですから、普通ごみと同じ場所に置かれているのですが、より場所をとっているように思います。このとき捨てられるものにはまずは電気製品があります。テレビなどは捨てることが出来ませんが、電子レンジなどはこちらで捨てる場合があります。そのほかに家具があります。見た目には非常にきれいに見えるものも多いです。さらには割れた瓶などになってきそうです。

電気製品には、捨てる事情によって状況が異なります。壊れて捨てる場合、当然使えない状態です。一方、使える状態で捨てられていることもあります。引越しであったり、買い替えなどにより不要になったことで捨てられたのでしょう。こちらはそのままでも使える状態になります。ただし、見た目ではわかりません。家具に関しては、ある程度見た目でわかります。どこかが割れているなどの問題もありますが、それらを修復すれば使えることもあります。

上手く分別をすれば、再利用、リユースすることが出来るものも多いです。そうすれば、それらのごみを焼却する必要がありません。燃やされなければ二酸化炭素も出ませんからエコにつながってきます。一旦ごみとして出されてしまうと、基本的には回収されるしかありません。個人としては、リサイクルショップに相談することを考えます。買ってもらえなくても、無料で引き取ってもらえることがあります。そうすることで、再利用してもらえます。

注目情報